徒然なるままに

双極性障害を持つアラサー男子の療養、日常を書いてます。

初めまして。まずは自己紹介を!

閲覧ありがとうございます。初めまして!

きょーや

です。よろしくお願いします。

 

さて簡単に自己紹介を書きますね。

20代後半、男、既婚、あと数日〜数週間で一児の父です。

職業・・・無職

 

なぜ無職なのか。順を追って書いていきます。

 

普通に高校行って理系大学に進学しました。

大学時代にアルバイトとしてホスト、モデルをやってました。

月収はうん十万〜うん百万と奇跡的に稼ぐことができました。

(当時ちょっと有名になったりしました)

 

大学3年の時にバンドを結成。ホストの時稼いだお金で機材やらバンド資金に当てました。

元々中学生からベースを弾いてたんです。

就職活動をしようか悩んでるところインディーズで生活費を稼ぐくらいになってました。

なので就職せず卒業後は職業バンドマン・・・笑

 

二年くらいはいい意味で安定してました、悪い意味ではそれ以上売れなかった。

なので就職試験だけ受けてみようと気軽な気持ちで大手レコード会社の求人に応募。

受かるわけないだろ〜wwwとみんなで笑ってたら

受かった

応募総数5000人 採用数4人

その中に入ってた・・・即バンド解散

同級生から2年遅れで社会人。

 

入社3日目にして配属されたのはとある有名アーティストの制作ディレクター

経験を買ってもらったんですね。

激務でしたがしばらくは楽しく働いてました。

 

しかしある日から急に仕事に行きたくなくなり、辞めたくなる衝動に襲われました。

今までもホスト辞めたい、モデル辞めたい、バンド辞めたいとか思った時期がありました。そしてある時なんの考えもなしに、というか自分ではない誰かが

「会社辞めます」

と言ってしまった。今思い返してもなぜ自分がそんなことを言ったのかわからない。

衝動買いならぬ衝動辞め、という感じでした。

 

辞めてから一ヶ月は職探しをせずそのまま都内のデザイナーズマンションに住み続け寝たっきり。たまに遊びに行ってたくらいでした。

そうしてるうちにまた急に

「あ!働きたい!!!」

という真逆の衝動にかられ転職活動開始。

 

次の仕事はイベント制作の仕事でした。

販促活動や展示会、音楽フェスを取り仕切る仕事です。

モーターショーとか夏の音楽フェスをやったりしました。この仕事でも行きたくない時期とやる気のある時期がありました。

脳内には前職の軽はずみな辞め方、がありましたので行きたくない時でも辞める!と言いそうになるのをかなり我慢してました。

それが一番辛かったです。辞めると言いたいのを我慢することが笑

 

その我慢もあっという間に限界がきて一年経った頃にまた辞めてしまいました。

辞めた後の行動は前回と一緒です。

 

また前回と同じ期間、同じ流れで転職に成功。

今度は大手広告代理店です。担当は企業のSNSコンサルタント

いわゆる中の人ってやつです。

広告代理店といっても最近ニュースで話題になった会社ではないです。

 

ここでの仕事でついに自分で異常に気がつきました。

重要な場面、緊張する場面で無自覚のうちに寝てしまう。

どんなに体調管理、睡眠を取っても治りませんでした。

ある朝、また会社に行きたくない病の最中で体が起こせなくなりました。

 

ここで初めて病院に行きます。

診断内容は「適応障害

 

診断書をもらって病院を出たところで

俺が適応障害な訳ないだろ!!

ってキレてビリビリに破りました笑

 

それを見てた医師から再診を勧められ、詳しいカウンセリングやこれまでのことを事細かく聞かれた上で出た診断が

双極性障害 1型

でした。

 

 

それを聞いた時、知らない病気だったし名前も禍々しいからショックでした。

家に帰って調べてみるともっとショックでしたけど。

 

これまでの良い事、悪い事。頑張った事、怠けた事。

全て病気だったのでは?

 

では本当の、普通の精神だったら数々の努力をしなかったのか。

躁状態が今の自分を作り、鬱状態が今の自分を壊したのか。

色々考えてしまいました。

 

本当の自分とは。

 

その後、会社も辞め実家に戻りました。

長くなってしまったので続きはまた今度書きます。

 

読んでくださった方々、ありがとうございます!