読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままに

双極性障害を持つアラサー男子の療養、日常を書いてます。

双極性障害〜社会生活について〜

こんばんは。

今夜は冷えますね。久々にお酒を飲みました。

双極性障害の薬を飲む関係上、昼間になってしまいますが笑

 

今日、この双極性障害について自分なりに、自分の場合を考えてみました。

 

ちょうど一年前に双極性障害1型の診断がされました。

診断される直前までは別の医師から適応障害と言われました。

その診断を聞いた私は

「会社に行くのが嫌で具合が悪くなったやつらをみんな適応障害って言ってるんだろ?大した診断もしないで決めつけるな!」

と言ったのをそこの院長が聞いてちょっと話を聞くからおいでと。

そうしたら双極性障害1型と診断されました。

 

決定となった要因は

・気分の大きな変動があり、定期的に変化している。

躁状態(トランス状態に近い)においてはまるで覚せい剤をやってるかのごとく行動力、想像力に長け睡眠をとらないでも活動できる。

問診では過去に違法薬物の使用がないか細かく聞かれましたし検査もしました。

当然やってませんので・・・病気と診断できる要因になったわけです。

うつ状態では躁状態の言動を気にして気分が落ち込んだり食欲低下、不安感、無力状態がありました。

 

診断からは双極性障害を発症したのが約10年前とのこと。

 

今思えばホスト時代も気分で仕事してました。

そんな私でもそれなりの地位に就くことができました。当時はこんなちゃらんぽらんです笑

f:id:kyoya7zon:20161210203929j:plain

大学もそう。よく卒業できたものだ!

 

バンド時代なんて気分でライブしたり曲を書いたりデザインをしたりしてましたよ笑

自分が中心のバンドだったからなんとかなっていたのかもしれませんね。

f:id:kyoya7zon:20161210204114j:plain

たまに人知を超えて何を言ってるか理解できない。なんてメンバーやスタッフさんから言われてました。

その双極性障害の症状の中に衝動買いというものがあります。

上の写真で私が持ってるベース、いくらすると思います?

88万円

 

当時の私はホスト上がり、ちょっとした会社を経営してたのでお金はそれなりに持っていました。なので借金をしたりすることがなかったのが幸いです。

バンド時代の詳しい話はまた後日・・・

 

無駄遣いというか衝動買いは他にもありました。

この前書いた愛車のアメリカンバイクも、車も買いました。

 

その歳で買うレベルのものではないように今では感じます。

結婚したからか、親になったからなのか。

 

現在、異常な買い物はしなくなりました。

衝動にかられることはあります。でも妻や子供のことを思うとそんな無駄遣いはできないなと薬より良い効果を得られてる気がします。

 

我が家で収入のあるものはいません。

貯金で生活をしています。過去の自分の蓄えに感謝をしつつも嫉妬をします。

やればできる、俺は稼げる男なんだ!

これも双極性障害躁状態の症状でしょうね。平常時に見れば根拠のない戯言だ、と自分で思ってます。

ただ、今年の4月にツテで入った建設会社に騙され罵倒され、病気プラスαで社会復帰が遠のいてしまったようにも感じます。

 

精神障害は甘え

障害者を雇ってやってるんだから

 

おかげで社会が怖くなりました。

双極性障害をオープンにして働けばその建設会社のような待遇を受ける気がして、病気を隠せば本来ならば普通の重圧に自分は耐えられない、かもしれない。

なんにせよここまで来てしまった以上は今度こそ慎重に行動しなければならないと思ってます。

 

薬も必要ですがもっと効く良い家族がいるから頑張ろうと思えます。

ちなみにいまのところ一度も死にたい等の自殺願望が出たことがありません。これも幸いなことです。

 

 

 

 

 

 

ちなみに明日はベーコンを作りますよ!★

では!