徒然なるままに

双極性障害を持つアラサー男子の療養、日常を書いてます。

急に母乳を嫌がり出した息子くん

こんにちは。

腰痛に苦しみながらも日々育児に奔走しております。

 

腰痛は息子くんの体重が増加したからなのか、それともたまたまなのかわかりませんが辛いです笑

f:id:kyoya7zon:20170328220347j:plain

もともと腰痛持ちで昔はベースが原因でした。重い楽器を長時間肩にかけるわけですからそれなりに負担も大きかったのです。ミュージシャンを辞めてからは割と安定してたんですが最近じわじわ来ましたね。釣り、畑ではならないのに育児ではなるのかよ!と思っています。

 

何回か書きましたが妻が日中仕事に行ってる分、私の育児時間が長くなってます。当然ながら私は母乳も出ないし包容力のある胸でもない、私の胸の話をすると筋肉でガッチガチです。のでミルクを与えるしかない。それでも風邪もひかず元気に育ってくれてるんですが最近になってこの弊害が見え始めました。

 

おっぱい恐怖症

妻が息子を抱えていつものようにおっぱいを飲ませようとするとギャン泣き。

え???と最初は思い抱き方を変えたりタイミングをずらしたりと試行錯誤していたようなのですがどうやっても無理。飲まない、泣く。

母乳が不味くなったのか?ということで搾乳し哺乳瓶で飲ませてみるとがぶ飲み。味に問題はないようです。色々原因を調べてみました。

 

母乳を嫌がる理由

・哺乳瓶の乳首に慣れてしまった

哺乳瓶の乳首の方が飲みやすいそうでそれに慣れてしまったためおっぱいを嫌がるようになるらしいです。

それって突然なるのかよ。。。

 

・母乳の味が変化した

味が変わると嫌がるらしいです。先に書いたように搾乳して飲むんだからうちの場合には当てはまらない。

妻にも「味が変わったのかな?ねぇ味見してよ」と言われましたが私は毎日飲んでないので味見したところで変化したかどうかなんてわかりません!

 

・おっぱいが吸いにくい

哺乳瓶に慣れた、ということに似ていますがおっぱいの形や柔らかさが変化したことで嫌がるようになるそうです。

うちの場合、吸う以前に体を反らせて泣くのでもうお手上げ状態。

 

そんな時の対処法を調べてみた

・母乳に慣れさせる

嫌がっても何回も母乳を飲ませようとする。そうすることで徐々に母乳になれるそうです。これをやるには母親の強靭な精神力が必要ですね。何度倒されても立ち向かえ!

 

・食事改善で母乳の質を上げる

母親の食事を改善することで母乳の味がよくなり飲むようになる作戦。

今回の我が家には当てはまらないケースでした。参考になります。

母乳の質について詳しく書いてある記事を見つけました。

192abc.com

ノンカフェインのもので母乳の質や量をよくするものも近年では多く見られます。多すぎて悩むところではありますがオススメはこちら。

 

 

・乳頭マッサージ

乳頭をマッサージして柔らかくし、吸い付きをよくする作戦。

これは効果がありそう!早速勧めてみようと思います。やり方をみた感じ、痛そうなのでセルフでやってもらいましょう。

乳頭マッサージのやり方はこちら

www.amoma.jp

 

赤ちゃんに原因がある場合

・口内トラブル

口内炎ややけどがある場合、飲むのを嫌がるそうです。

状態が改善されればまた飲んでくれるようになるとのこと。みてもわからない口内炎。口が小さすぎて覗けません!やけどはミルクで起こる場合がありますが私は徹底しているのでこの可能性はないはず。

 

・歯が生え始めた

生後6ヶ月ほどで生え始めるそうです。個人差があるので3ヶ月〜9ヶ月、生える可能性があるらしい。前歯を見てもそのような感じはないけど歯茎でくすぶっているのでしょうか。これも時間経過で解決しそうですね。

 

・おっぱいに対する罪悪感

調べていてこの内容が一番気になりました。赤ちゃんのおっぱいに対する罪悪感。

なにそれ?と思って調べてみると母親が授乳する際、痛いなど発するネガティブな言葉を赤ちゃんが汲み取り罪悪感(ダメなもの)と認識して飲まなくなるそうです。

真意は不明ですがそんなこともあるかもしれませんね。妻は無心で自動販売機のように飲ませているので(それもいいのかわかりませんが)当てはまらないでしょう。また寝起きとなぜか風呂では母乳を飲むそうです。これも原因不明・・・

 

 

色々調べて見ましたが結局赤ちゃんも千差万別、十人十色。どれが正解なのか探すのが親なんだなと思い知らされています。正解探しをしながら育児を楽しむしかないですね。あまりシビアに考えすぎると鬱っぽくなりお互い良くないので気軽にやっていきたいと思います。

 

にほんブログ村 子育てブログへ