徒然なるままに

双極性障害を持つアラサー男子の療養、日常を書いてます。

ヒラスズキタックル候補 リール編

こんにちは。

相変わらず脳内ヒラスズキです。寝ても覚めてもそればかり考えてる。と言いつつも息子が可愛くてたまらないです笑

 

さて先日はヒラスズキタックルのロッド候補について書きました。今回はリールについて考えたものをまとめてみます。

リールに求めるものは

・耐久性

・耐水性

・滑らかさ

・巻き速度

・重さ

 

大雑把ですがこれらに重点を置いて考えていきたいと思います。

耐久性

今回は(も)SHIMANOに絞ります。リールはシマノ!ぶれません笑

耐久性となると値段が高いものの方がいい気もしてきますが最近では比較的お手頃なリールにもHAGANEコンセプトが取り入れられているので一概に候補から外せませんね。シリーズによっては巻き心地にかなりの差が出ることは店頭で確認済み。基本はずっと滑らかな回転をするようにと作られています。

 

耐水性

シマノだとSWシリーズが耐水性が良さそう。でも値段が高くなってきますね。型番的にちょうどいいのですとバイオマスターSWが一番安いです。直近で6000番が追加されたとか。

ぶっ飛んで行くとステラSWですね!もうこれは憧れの領域。値段がかつて住んでいた桜新町のマンションの家賃に相当。リールが高いのか家賃が高いのか、考え方次第で世界の見方は大きく変わります・・・多分。

 

滑らかさ

先ほど述べたようにHAGANEコンセプトがついているものは比較的滑らかに感じました。しかし初動は異なります。

例えば新ナスキー。滑らかではありますが初動が重たいです。私がフカセで使っているラリッサも初動は重いですが釣りに差し支えないので気にしていません。しかし今回はルアーなので初動も大切です。現在使ってるストラディックCI4+は異常なほど軽い!本体重量も軽いですが。これくらいのスムーズさがほしいと考えています。

 

巻き速度(ギア)

ミスキャストでルアー回収、波で嫌はほうに流れて回収。足元の磯に引っかかりそうになって回収。と高速回収する機会が多いです。

ただ前の記事でも書きましたがゴリ巻きができない。なのでハイギアかエクストラギアかで悩んでます。ノーマルだとちょっときつい面が多そうなので今回は候補に入れませんでした。

 

重さ

重さについては正直ロッドが決まらないとなんとも言えないですね。項目として書いといてあれですが。ロッドとの相性は実際くっつけて握って振ってみないとわかりませんのであまり考えないようにします。

 

ざっくりと上げてきましたが候補はこちら。順不同です。

 

バイオマスターSW 4000XG

ツインパワー 4000XG

 

ツインパワーXD 4000XG

 

ツインパワーSW 4000XG

 

やはり使い慣れたストラディックCI4+の4000XG

 

この中から新ロッドに合うやつを考えて行きたいと思います。

まずはロッドをどうしようか・・・